2007年06月26日

契約後変更内容(追記用)

・標準畳から坊主畳へ変更:24,000(円/坪)*2.25(坪)=54,000
・洗面台変更:262,600-272,448=▲9848
・S型框変更:5?,????-35,700=20,000程度?
・エコキュート使用によるガス機器減額漏れ:▲59,000

6/27追記
・キッチン目地:5,000程度?(POKOさん情報)
・階段化粧手摺:??,???(これって標準?OP?)
  →標準ぽい(fcfdfirstrieさん情報)
posted by direwolf at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 確認事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

契約を終えて

契約を終えて1日がたちました。

2月の後半に予約をし、約4ヶ月で都合11回の打ち合わせを経て契約にたどり着きました。
この打ち合わせ回数、期間が多かったのか少なかったのかはわかりませんが、ようやく一息つけるかなという状況です。

今回の県民共済での打ち合わせで苦労した点は、オプション類が結構多かったことに加えて、こまかい指示を結構お願いしたため、それらをうまく図面に反映させるのが難しかったことです。

基本的に図面としては平面図と立面図、配置図程度しかなく、また仕様書についても当然のことながら標準を基本としてフォームが作られているため、想定していない項目が発生するとどのように記載するのかが難しそうでした。設計士さんも原則はなるべく標準仕様で、ということだったと思うのですが大分こちらの要望を酌んでいただきました。

かなり図面に追記をしていただきましたが、基本的にコメントでの追記が基本となるため、監督さんに正しくすべてが伝わるかは非常に心配なところです。事前にチェックシートを作成して、監督さんとも随時確認を行い、また施工中の確認も大分必要かなぁと思っています。

また打ち合わせを振り返ってみると、希望が図面、仕様書、見積書に漏れなく反映されているかの確認にかなりの時間がかけてしまった気がします。今思えば住みやすさや使い勝手などについてもっと時間をかけて、もう少し突っ込んで相談をすれば良かったなぁといまさらながら反省する部分もあります。

またあちこちのブログを見ていると、オプションの見積金額についても微妙に差があったりして、どこまで設計士さんに伝えるべきかというのも難しいですね。まあ見積書を他の人と付け合せたわけではないのであまり細かく指摘してもキリがありませんしね....あまりにも差がある場合を除いては、県民共済とはいえ良くも悪くも建設業のドンブリ勘定的な部分もあるのかなと割り切りました。

なお見積書については、該当する見積項目だけが記載されてしまうため、見積書だけを見ていると項目が抜けているかどうかがわかりません。可能であれば金額ブランクのものも含めて標準の項目がすべて記載された見積書を設計士さんから頂いて、チェックを行うことをお勧めします。こんなことをいいながら契約後に1つ見積もり漏れを見つけてしまいました、トホホ。

ともかく今月末に現場監督さんが確定し、7月の下旬に着工予定となりました。順調に進めば11月末に引き渡し予定です。
まだまだ道のりは半ばですが、新年を新しい家で迎えられるように、もうひとがんばりしたいと思います。

現在設計中の方もいろいろと苦労されると思いますが、お互い良い家を建てられるようにがんばりましょう。
posted by direwolf at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

県民打合せ#11 ようやく契約

洗面台の想定外の事態も何とか収束に向かい、約束の時間よりも少し早めに県民共済に到着しました。

約束の時間まで間があったため、さすがにこんどこそはもう無いだろうと思いながらも、再度再度の確認をしたところ、また見つかりました。和室の畳のレイアウトです。

我が家の和室(畳コーナー)は4.5畳なのですが、床の間の位置から普通にレイアウトをすると「切腹の間」になってしまいます。そのため以前から「切腹の間」にならないように考慮をお願いしており、図面の絵柄もそのようになっていたのですが、最新の図面では見事に「切腹の間」になっていました。

また再度立面図を確認したところ、玄関の採光窓だけが微妙に高さが異なっています。

上記2点と、本日の連絡済の変更点をまとめて待機していたところ約束の時間となりました。

設計士さんと打合せを開始し、指摘事項を確認しました。
窓の高さについては修正していただくことになりましたが、畳に関しては掘りごたつの関係でどうにもならなそうです。結局通常の畳はあきらめ、坊主畳に変更することにしました。このあたりもなんというかいまさらという感じです。もう少し早く言っていただければ....

契約関連の書類はほぼ作成しておいていただいた関係で、契約書類の金額等は変えないために、大きな変更となった洗面台と畳、S型框の差額分については仕様変更扱いとして最後にまとめて精算することにしました。

連絡済の指摘事項も含めて修正内容は次のとおり
・洗面台変更→仕様変更
・畳から坊主畳へ変更→仕様変更
・S型框サイズ変更→仕様変更
・トイレカラー確定:ペールホワイト
・洗面台カウンターカラー確定:ウォームベージュ
・玄関窓高さ修正
・バルコニー面積記入漏れ
・軒の出記入漏れ
・トイレキッチンパネルカラー記載ミス
・エコカラット品名、カラー追記
・収納ドア高さ記入ミス
等々

もうあとは出て来たらよほどの瑕疵で無い限りは変更でお願いすることに覚悟を決めて、図面と仕様書の修正をお願いしました。

今度こそ今度こそもう無いよなぁと思い、もう図面も確認するのはやめて、時間つぶしになんとなくタイルのカタログを開いていました。すると最近のキッチンのタイル目地は汚れの付き辛くなっていると載っており、それとなく嫁さんに「最近の目地は汚れ辛いみたいだよ?」と振ってみたところ、急にキッチンパネルではなくタイルに心動いてしまったようでした。タイル目地の汚れを気にしてキッチンパネルにしていたらしく、汚れ辛いのであれば是非タイルにしたいと非常に迷っています。なんと最後の最後でさすがに設計士さんに悪いんじゃないの?とも話したのですがあきらめきれない様子です。

ちょうど設計士さんが図面を修正し終わり戻ってきたため相談すると、県民がその目地を使用しているかどうかは分からないがタイルに変更するならすぐに直しますよと言っていただけました。
また目地自体もそんなに高いものではないので、備考欄にその目地も記載していただくことになりました。
本当に最後の最後までコマゴマとした変更に対応してもらいありがとうございました。

これで本当に修正は終わり、かるく内容を確認して全ての書類に署名、捺印、サイン、等々を行い、ようやく契約締結となりました。

これだけ確認すればもう不備は無いだろうし、さすがに今日はこれ以上確認をする気力も無かったので、千万単位の契約の割にはちょっとあっけなかったかなとも思える契約手続きでした。

最後に今後の進み方と、地鎮祭の段取りを設計士さんにお願いして帰宅しました。

とにかく昨日今日の2日間は疲れました。でもこれでやっと一区切りです。
posted by direwolf at 22:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急事態

昨日の打合せで契約に至らず、本日の夕方から再度契約手続きを行うこととなっていました。

ひとまず昨日の打合せの最後に、指摘事項を全て修正していただいた状態で図面と仕様書をいただいていたので、さすがにもう無いだろうと思いながらも改めて確認を行いました。

時間をおいて冷静になって確認すると、やはり細かいところで記入ミスや記入漏れが見つかりました。連絡をしようかと思っていたところ、タイミングよく玄関ドアの再確認で設計士さんから電話があったため、修正点を伝えました。

連絡後また図面を見ていてなんとなく昨日設計士さんより指摘されたS型框の長さ不足の件が気になり、当初足りるはずたったと思ったものがなぜ足りなくなったのかなと、周辺の寸法などを確認したところ、ふと洗面所の幅の数字に目が留まりました。

洗面所の幅から壁厚を引いて、さらに洗面台のサイズを引いたところ、なんと洗濯機スペースが60cmほどしかありません。これでは洗濯機が入りません。

以前に洗面台にトールキャビネを設置することを決めた際に、キャビネのサイズと洗濯機のクリアランスを含めたサイズを伝えていたため、すっかりその寸法になったと思い込んでいました。思い込みは怖いですね。

急遽設計士さんに連絡をし、どうするかを話し合いました。
現在の間取りから洗面所を単純に広げてトイレ、玄関をずらすことが出来れば問題は無いのですが、その場合玄関に設置した採光窓のサイズが変わり、また柱、壁の位置が他の場所とずれてくるため構造的にも問題がでそうです。
次に洗面所を反対側に150mm程度広げ、浴室をずらすことも考えましたが、そうすると床面積も増加し、また2階の間取りも変更、構造的な見直しも必要となると共に、申請関係も全てやり直しになるとのことでした。
最終的には洗面台の幅を1350mmから1200mmに変更することがもっとも他に影響を与えないため、外出中だった嫁さんに連絡を取りしぶしぶ納得をしてもらいました。

このような状態で今日契約までこぎつけるか心配になってきたのですが、やれるだけのことをやるしかありません。

嫁さんの帰宅後洗面台の構成案を相談しました。

1)洗面台900mm+キャビネ300mm
2)洗面台750mm+キャビネ450mm

1)の場合は嫁さんの希望だったランドリーキャビネが300mmのものは使い勝手が悪いため標準タイプのキャビネになりそうなことと、体重計の収納が出来ません。
2)の場合は洗面台のフラットな部分が狭いため、一時置きの場所がほとんど取れなくなります。
2人で議論した結果、ランドリー収納は妥協し、1)案で行くこととしました。

結論が出た所ですかさずINAXのショールームに赴き、キャビネの形状を確認し、急遽再見積をお願いしました。またカウンターカラー等も再度実物で確認し、カラーも最終決定です。
すぐに見積書を作成して頂けて、県民の約束の時間までまだ間があったため、その後はTOTOのショールームに向かい、トイレのカラーの確認を行いました。実物を確認してカラーを最終決定しました。

ショールームから設計士さんに連絡し、洗面所の再見積が用意できたことと、洗面台、トイレのカラーを最終決定した旨を伝えました。

土壇場でバタバタしましたが、一通りやるべきことは終わったため、後は出来ることをやるしかありません。

良い方に考えれば、昨日の時点で契約をしていたら、引越しの際に洗濯機問題が発覚してたかもしれなかったので、事前に分かって良かったのでしょう。とはいえこのような問題については設計士さんから事前に指摘していただきたかったとも思いますが....



posted by direwolf at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

県民打合せ#10

本日は午後から打合せです。

当初は前回の打合せの結果を元に、契約図面および仕様書を事前に送付していただき、事前確認をした上で本日最終確認を行う予定でした。

ところが残念ながら設計士さんが多忙だったこともあって、事前に資料を送っていただくことが出来ず、事前確認が行えないままこの日は打合せとなりました。

最初に契約関連の一連の書類や資料の説明を簡単に受けて、いくつか確認を行った後設計士さんの図面修正待ちです。
待っている間にもいくつか記入漏れやミスが見つかり、何度か修正のお願いをして図面の修正が終わりました。

図面の後は仕様書の確認と修正です。仕様書もまだ新しく運用が始まったばかりのフォームらしくいろいろと不備があり、こちらも何度か修正を繰り返しました。

待ち時間が多かったため、待っている間にまた修正点に気づくといった形で何度も修正をおねがいすることになってしまいましたので、設計士さんも結構大変だったと思います。結局この日は打合せよりも修正をしていただく作業に時間がかかり、時間切れで契約までたどり着けませんでした。急遽明日再チャレンジを行うこととなりました。

この日に確認した修正点
1)図面
・ALCのバルコニー貼り分け
・2Fトイレドア位置
・玄関小物収納の記載
・キッチンのカウンターのコーナー処理
・和室収納の扉
・エコキュート設置位置の変更
・WICのドア位置微調整
・書斎書棚の記載
・寝室クローゼットのハンガーパイプ記載
2)仕様書
・縦すべり窓オペレータハンドル仕様の明記
・特殊展開図の記載
・その他備考欄の追記確認
等々

また玄関に予定しているS型框がもしかしたら1サイズ大き目のものが必要になる可能性があるとのことで、その場合差額清算になるとのことでした。
posted by direwolf at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ナショナルセンター

昨日は午後から新橋のナショナルセンターへ照明のアドバイスをしてもらいに行きました。この日の目的は、各部屋ごとにどのあたりにどのようなタイプ・明るさの照明を設置すると効果的なのかといったことのアドバイスを頂き、後日県民共済の照明プラン決めのときにあたふたしない程度の予備知識を得ることです。

受付を済ませて30分ほど待つと担当の方から呼び出しがあり、図面を元に各部屋ごとのお勧めなどの説明を受けました。アドバイスを元に分厚いカタログから好みの照明器具を選び、図面に位置と型番を赤ペンで記入していきます。
またこの日は私が子供のお守りがメインで、打ち合わせは嫁さん主導になりました。

ひととおり説明と照明器具の選択が終わり、あとはショールームを回って実物を見ながらの説明です。体験ルームもありいろいろと比較をしながら照明を選べました。そしてこの日にまとめた結果をもとに「あかりプラン」というものを作成して郵送してもらえるそうです。当日持ち帰りたい場合はもう少し簡易的な「クイックプラン」というのもありました。

ひとまずこの日は、どこにどのような照明を付ければよいのかということがある程度把握できましたので、当初の目的は達せられました。またスイッチ位置等も相談してみたのですが、こちらについては動線の問題や、柱などの構造で付けられる位置も左右されるということで原則アドバイスはしないとのことでした。

それにしても展示してあるものだけでもかなりの種類があり、またカタログにも数え切れないほどの種類がありますので、「これだ!!」というものを選ぶのがとても難しいですね。特に今回は予算も考えずに好き勝手選んでいますので、本来の検討の際には価格と相談しながら決めていかなければならず、もう少し選択肢は少なくて済みそうです。また我が家に割り当てられる照明メーカーさんもまだ未定ですので、具体的にはそれからですね。

また前日にネットで申し込んでいたからなのか、電源タップをお土産にいただきました。さらに県民のカタログコーナーにも置いてあったあの分厚いカタログ他数冊もいただきました。おおよそ2時間ほどで打ち合わせも終わったので、軽く他のフロアも見学して帰宅しました。
posted by direwolf at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

玄関イメージ最終

昨日の打合せが始まる前に、ダイケンから取り寄せたサンプルを下駄箱とドア(レグノア)と見比べてみました。似たような色合いもありましたが、ニッチも松下電工の白系にすることにしたので、結局スリッパ収納も白系にすることにしました。

またわざわざ取り寄せたダイケンのサンプルですが、県民共済のカタログコーナーにも同じものが置いてありました。

ダイケン下駄箱と比較

ダイケンレグノアと比較

たぶん玄関はこのような形になると思います。

玄関最終01

玄関最終02

玄関最終03

ちなみに玄関周りのオプションは次のとおりです。
・INAX エコカラット(プレシャスモザイクカッセ)
・ダイケン カベピタ(スリッパ収納)
・ダイケン カベピタ(ウッド370S)
・松下電工 オープンBOX収納
・県民共済 姿見
posted by direwolf at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居イメージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県民打合せ#9

いよいよ打合せも大詰めになって来ました。

本日がんばれば契約できるかな〜とちょっと期待して実印を用意して行ったのですが、結果としては最終的な仕様の確認をおおむね終えたところまでで終了です。

まずは打合せの冒頭に、いくつか疑問点の確認をお願いしました。

(県)地区計画などいくつかのものは申請を行いました

(私)地盤補強の正式な価格は?
(県)見積が届きました。5mの杭を45本です。

(私)和室の収納扉が神棚と干渉するのではないか?
(県)両開きから片開きに変更しましょう

(私)外水栓のの価格が見積もりに入っていないが?
(県)外部給排水の費用に含まれる

(私)マルチメディアコンセントで各部屋用のコンセントにTEL端子が付いているが、使わないと思うのでTV端子など他のものに変更することは可能か?
(県)あまり変えた事例は聞いたことが無い

また未決だったニッチとキッチンを決定しました。
ニッチは松下電工のダウンライト無しの物とし、キッチンについては新しく見積を取り直した県民標準ベースに食洗機を1段階グレードアップです。トータルで追加オプションはほとんど変えていない(むしろ食洗機のUP)にもかかわらず、シンク位置やキャビネ構成を標準にしただけでおよそ20万円ほど安くなりました。

以上の確認後、新しい見積書を作成していただきました。
自分で用意したチェックリストと照らし合わせながら項目の抜けをチェックし、ほぼこれで金額は確定となりそうです。キッチンが安くなったおかげで総額も若干下がりました。

次に契約のための仕様書のたたき台が用意されていたので、今度はこちらの項目をひとつずつ設計士さんと確認しながら赤ペン入れです。

またちょうど今県民共済のシステムの入れ替えを行っているらしく、以前にサンプルでいただいていた仕様書と少しフォームが変わっていました。

標準構成はこれまでにほとんど決定していたのですが、2Fのトイレの色のみ変更をお願いしました。
またサッシですが、これまで新日軽のCBブラウンにする予定でしたが、設計士さんより標準ではないが追加料金無しでCBステンに変更も可能ですとのお話があり、嫁さんの好みで急遽CBステンに変更することとなりました。

内容の変更はこれくらいで、後はオプションのうち備考に記載できそうなものをなるべく追記していただくことにしました。書ききれないものは別途資料として添付することとし、添削結果を次回までにまとめていただき、図面も仕上げていただくことになりました。

次回それらの確認を行って問題が無ければ契約の予定です。なんとか次回こそは契約にこぎつけたいと思います。
posted by direwolf at 07:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

キッチンその後、他

サンウェーブよりキッチンの見積が届きました。
また設計士さんからも連絡があり、それぞれの県民への提供価格も教えていただきました。実際はこの価格に県民手数料等々が追加されるはずなので、県民からの提供価格を出していただけるようお願いしました。

また玄関のスリッパ収納ですが、カタログの小さな写真サンプルでは良く分からなかったため、ダイケンにお願いしてカラーサンプルを取り寄せました。次回与野でドアやフローリングの展示品と色を見比べてみるつもりです。

ダイケン01

ダイケン02



posted by direwolf at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

キッチンの疑問

細かい内容は省略しますが、2点に絞って設計士さんに質問をしました。

1)掛率について
これまでに教えていただいている掛率はどのような計算に基づくものか?
 a)見積金額全体にグロスで一律の掛率をかけている
 b)商品ごとに個別の掛率があり、合算した結果この掛率となった

2)県民標準に追加可能オプション
標準のキッチンへ単純に追加が可能なオプションは、県民選定品以外にどのようなものがあるか?

上記質問については、設計士さんからもサンウェーブの営業に確認していただけるとのことです。設計士さんなんどもなんどもしつこくてすみません。

見積金額についてはサンウェーブから出てくる金額がすでに県民提供価格になっているのか、もしくは見積を元に設計士さんが計算を行っているのかどちらなのでしょうかね。
メーカーから県民提供価格が出されているのであれば、設計士さんの計算の余地はないはずなのでそのように説明していただければ納得するのですが、何度説明をお願いしても、どうも説明があやふやで納得に至らない状態になっています。

また本日嫁さんがサンウェーブへ行き、県民標準構成をベースにしたいくつかのパターンの見積をサンウェーブにて再度お願いしてきてくれました。

いずれにしても次回にはキッチンについてどうするのか結論を出すつもりです。
posted by direwolf at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 確認事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

住宅ローン説明会

本日は近くのJAの住宅ローン相談会へ行ってきました。
すでに県民共済経由で事前審査はOKをいただいていたのですが、総額と期間のみしか決まっていなかったため、固定期間の選択や支払いシミュレーションをお願いしに行きました。

JAの担当の方はとても親切にわかりやすく説明してくださりました。
JAローンで確認したことは次のとおりです。

a)金利については県民共済で事前審査を行った時点での金利が適用される
b)中間金からローンを使用する場合、完成時支払いまでは金利のみの支払いとなる
c)提携ローンであるため、金利優遇に対しての条件は特になし(給与振込み、カード作成等)
d)固定金利期間中は原則として繰り上げ返済は不可
e)引落し用にJAバンクの口座開設は必要

当初変動金利も考えていましたが、いろいろとシミュレーションした結果、我が家は固定10年2.0%を選択することにしました。(総期間は内緒)これなら現在の家賃とほぼほぼ変わらず行けそうです。
posted by direwolf at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 住宅ローン・税・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見積内容の確認

県民共済から帰宅し、図面と見積もりを再度確認しました。

いくつかもれ、疑問点があったためMailにて連絡しました。
・「食器棚」の記載がなくなっているが「キッチンOP」に含まれているのか
・洗面所アクセサリを追加したはずだが金額が前回と同じ
・PCコーナーのカウンター幅が図面と見積で異なっている
・W370のニッチの価格調査依頼
・室内ドアの種別記載について
・和室収納の疑問点確認

翌日Mailの内容について電話で相談しました。

気になっていたキッチンの見積は、当然のことながらサンウェーブの見積もりを元にかなり高額でしたので、食器棚含みだったらいいなと淡い期待を抱いていたのですが、残念ながら食器棚は見積からもれていました。これでまた14万円ほど総額がアップです。
また合わせてキッチンの見積根拠についても、再度説明をお願いしたのですが、なかなかロジカルな回答をいただけず、いまだに腑に落ちていません。

また洗面所のアクセサリも修正もれでした。こちらは3000円程度のアップです。

ニッチに関して打ち合わせでは造作でお願いしていましたが、W370の物でも良いかなと思い掛率を調べていただきましたが、やはり松下電工のほうがダイケンより掛率が高く、次回までにニッチをどうするかを検討することにしました。

http://www.mediapress-net.com/freeword/STANDARD/DKJ06001-DKJ0600100007823

また打ち合わせの最後にお願いした書棚も抜けていました。

上記の修正を行っていただき、Mailにて見積を送付していただくことになりました。

最後に設計士さんから、玄関にあるバルコニーの柱が今のままだとドアと干渉するということで、形状の変更が必要とのことでした。こちらも見落としていましたが結構いまさらな感もあります。
結局当初の正方形の柱から厚みを薄くして長方形にすることにしました。具体的な形状は次回打ち合わせのときに図面で確認です。
posted by direwolf at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

県民打合せ#8

本日は午後からの打ち合わせでした。

かなり早めに与野に着いたところ、午前中の対応がちょうど終わったところらしく、担当の設計士さんがいました。
前日までに電話・Mailにて変更点・疑問点をいくつか伝えてあったのですが、これから図面を直すところだったでしたのでまた追加で変更点をお願いしておきました。

修正の終わった図面を設計士さんが持ってきてくれたので、再度内容のチェックです。今まではA3に縮小した図面でしたが、今回からはA2の図面で見やすかったです。今回の図面には筋交いも入っており、特に間取りに変更を加えることなく、県民の基準以上に筋交いを入れることができたとのことでした。

ただし玄関ニッチに関しては設置できる部分の柱の間隔の問題で、最大でもW500程度しか取れそうもなく、ダイケンのW740のものは無理でした。
そこで造作で作っていただくことにしたのですが、その場合通常はカウンターの部分は板になりますがそのほかの部分はクロス貼になるとのことでしたので、エコカラットとの兼ね合いもあるので四方に木枠をつけてもらうようにしました。

また小屋裏収納の大きさが明確でなかったため、広さと昇降口を決めました。

またここまでくるとほとんど大きな変更はないので、記載ミスなどのちょっとした修正をお願いして、再度図面の修正と見積もりを出していただくこととなりました。

クロスや証明のカタログを見ながら1時間ほど待つと、今回は契約用の体裁で図面を出してくれました。
見積もりについては前回もれていた項目もすべて修正していただきましたが、前回の見積もり金額より約100万円のアップです。ほぼ予想通りとはいえだいぶ見落しが大きかったです。

またこの時点で6時をまわっていたので、詳細の確認は戻ってから行うことにしてこの日は帰宅しました。
posted by direwolf at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

確認事項回答

確認事項のいくつかを設計士さんにMailしておいたところ、昨日設計士さんより電話がありましたが、私が不在だったため嫁さんが対応しました。

窓のサイズ変更、全面Low-Eガラスについて、変更することを確認
しました。

前回の打合せで要望したスリッパ収納とニッチについて、筋交いの位置を考えながら検討するとのことでした。出来れば筋交い位置については早めに検討しておいて欲しいと思っていたんですけどね。
検討した結果入らないとかはしょうがないですけど、この段階まできて強度不足でこれまで決めた間取りに変更の必要が生じたりしたらやだなぁ。変なところに壁や柱を追加したり、窓の位置サイズを変える必要が生じたりしてまた間取りから見直しなんてことになったらかなりぐったりです。まあそんなことは無いと思ってますが.....
みなさん筋交いの位置っていつごろ教えてもらいました?

玄関キーは標準は5本で、追加1本あたり2〜3千円程度ではないかとのことでした。また県民経由ではなく必要に応じてメーカー直接とのことです。
なぜ追加を検討しているかというと、現在ホームセキュリティも検討しており、仮に導入することになった場合、キーを2本預ける必要があるためです。当面は2本預けても足りるんですけどね。導入できるかも未定ですし。

帰宅して電話の内容を聞いた後、また変更したい部分が出てきたのですが、次回打合せは土曜日なのでそのときでいいかな。

・2F書斎の窓を引き違い→縦すべり窓
posted by direwolf at 12:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 確認事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

確認事項&気になったこと

・確認事項

  玄関ドアディンプルキー追加費用
  壁下地追加箇所検討
  Low-Eは全窓にする
  西面の縦すべり窓5箇所を、03611→06011に検討

・気になったこと

  現在の標準の照明スイッチは表示灯、ネーム無し?
  展示してあるサンプルに修正がしてあり、元は表示灯、
  ネーム有りだったように思える。
  いつからそうなったかはわからないが、電気設備検討時に
  スイッチもオプションを考慮しないとほとんど表示灯無し。
  1個当たり数百円とはいえ数が多いので結構かかるかも。
  担当設計士さんもいつからかはご存知なさそう。
posted by direwolf at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 確認事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

見積内容の確認

昨日出していただいた見積が、想定よりもかなり安かったため、事前に想定していた試算や、図面と照らし合わせながら細かく確認を行いました。

短時間で作っていただいた事もあり見落としもあるだろうなと思っていましたが案の定いくつか見落としがあり、それも結構金額的に大きなものが抜け落ちていました。

抜け落ちていたもの

CUBIOS一式      :15万程度?
トイレ手洗いカウンタ :8.6万
1F洗面台(ラルージュ) :25万程度?
キッチン       :見積金額から考慮すると低すぎ?
収納戸超過分     :3万程度
勝手口サムターン   :3万程度
吊戸棚        :2万程度
寝室ドア鍵      :0.5万程度

また打合せの後にお願いした玄関ニッチ、スリッパ収納も追加になります。

不明点については電話にて確認をし、おおむね金額は分かったのですが、キッチンについてのみまだ納得できる状態になっていません。
今回シンク位置が標準と若干変わっていたり、IH、換気扇を県民指定と変えているのですが、見積から試算した金額に比べてだいぶ安くなっています。安い分には大いに歓迎なのですが、後から金額が上がるのは予定が狂いますので出来るだけ避けたいです。

これらを考慮すると、当初想定していた金額とほぼ近く、安く済みそうだと思ったのはぬか喜びでした。

そのほかいくつか質問をお願いしました。
・地鎮祭の手配について
・追加エアコンの費用
・既設エアコンの移設費
・エクステリアの今後の打合せの仕方

次回は間を空けず来週の予定ですので、できれば6月中の契約を目指せるようにスパートをかけたいと思います。

また新居予定地を見に行ったところ、すぐ隣の区画が柱状改良工事が終わっていました。また我が家の斜め後ろの区画も基礎工事が始まっていました。
posted by direwolf at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

県民打合せ#7

昨日県民共済にて7回目の打合せを実施しました。
仕様についてはほぼほぼ決まってきているので、そろそろ最終的な仕様の詰めを行い、契約に向かって行きたいのですが、なかなかそうならずやきもきした状態です。

また地盤調査の結果が出ており、判定としては地盤補強が必要とのことでした。しかし補強方法およびその方法についてまだ見積を出していなかったらしく、正確な金額はこの日はまだ分かりませんでした。
支持層までおよそどこも5mほどでしたので、おそらく5m前後の杭になるだろうとのことから、概算では60万前後ではないかとのことでした。
以前にダイワハウスで調査していただいた結果と数値的にはほぼ同様だったのですが、ダイワの判断としては補強の必要無しでした。数値から見るとどちらも似たような結果になっているのですが、補強が必要かどうかの判断は意外と異なるんですね。

いずれにしてもすぐ隣の区画が先日補強工事を行っていたため、我が家も結果的には費用がかかっても補強を実施して安心を得ることが得策だと考えています。

またこの日はこれまでにまとめてきた仕様を再度確認し、ようやく見積を出していただくこととなりました。
図面とオプション一覧を照らし合わせながら、オプションの洗い出しを行ったのですが、思いのほか多くのオプションが発生しています。

質問を織り交ぜながら3時間ほど掛けて洗い出しを行い、その後県民のコンピューターにてオプション価格一覧を出力していただくこととなりました。

あるていど自分でもオプション金額を試算していたのですが、想定していなかったオプションもいくつか発生していました。

大きなところでは以下のとおり
・土間コンクリート超過分
・ポーチステップ追加
・残土処理費用
・搬入路用鉄板養生費
・ベランダ軒延長分
・追加給排水工事
・各種取り付け費

洗い出しの後1時間ほど待つと見積が出来てきたのですが、こちらで試算していた金額に比べてかなり安い金額でした。内容を細かく確認する時間がなかったので、持ち帰りで確認することとし、いくつか質問事項が残っていたため、そちらの確認を行って終了としました。

確認事項は以下のとおり

(私)24時間換気の換気口、吸気口の予定位置を確認したい
(県)平面図にて説明

(私)天井に松下スピーカーターミナルの設置は可能か?
(県)可能

(私)一部ドアの干渉が考えられるが開閉方向変更or対策は?
(県)マグネット式のドアストッパーを使用する。ドアストッパーが設置不可の箇所は、ドア上部に戸当りを設けて干渉を避ける。

(私)3連のたてすべり窓の開閉方向は同一方向ではなく風向きを考えたほうが良いか?
(県)どちらでも可

(私)ローンの優遇金利や優遇に必要な条件の確認は?
(県)該当金融機関にて確認して欲しい

(私)エアコン設置予定位置を相談したい
(県)図面にて指示

(私)各たれ壁の状態はどのようになっているか?
 1)リビング−和室のたれ壁は無くしたい。
 2)廊下−キッチンはたれ壁ありで可。
(県)1)の場合、壁・天井仕上げが同じになるが良いか?
(私)OK

(私)玄関にニッチおよびスリッパ収納を設けたい。
(県)OK、スリッパ収納を設置するには柱の移動が必要になるかもしれない。

(私)寝室の壁にピクチャーレールを設置したい
(県)OK

(私)1F洗面所のタオル掛けはINAXにし、余ったトイレ用標準は2F洗面所へ。
(県)OK

(私)壁掛け時計など壁に釘を打ちたい場合は?
(県)事前に予定位置が分かれば下地を入れるように指示する。
(私)位置を検討する。

戻って見積もり内容を精査したいと思います。
posted by direwolf at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。