2007年06月25日

契約を終えて

契約を終えて1日がたちました。

2月の後半に予約をし、約4ヶ月で都合11回の打ち合わせを経て契約にたどり着きました。
この打ち合わせ回数、期間が多かったのか少なかったのかはわかりませんが、ようやく一息つけるかなという状況です。

今回の県民共済での打ち合わせで苦労した点は、オプション類が結構多かったことに加えて、こまかい指示を結構お願いしたため、それらをうまく図面に反映させるのが難しかったことです。

基本的に図面としては平面図と立面図、配置図程度しかなく、また仕様書についても当然のことながら標準を基本としてフォームが作られているため、想定していない項目が発生するとどのように記載するのかが難しそうでした。設計士さんも原則はなるべく標準仕様で、ということだったと思うのですが大分こちらの要望を酌んでいただきました。

かなり図面に追記をしていただきましたが、基本的にコメントでの追記が基本となるため、監督さんに正しくすべてが伝わるかは非常に心配なところです。事前にチェックシートを作成して、監督さんとも随時確認を行い、また施工中の確認も大分必要かなぁと思っています。

また打ち合わせを振り返ってみると、希望が図面、仕様書、見積書に漏れなく反映されているかの確認にかなりの時間がかけてしまった気がします。今思えば住みやすさや使い勝手などについてもっと時間をかけて、もう少し突っ込んで相談をすれば良かったなぁといまさらながら反省する部分もあります。

またあちこちのブログを見ていると、オプションの見積金額についても微妙に差があったりして、どこまで設計士さんに伝えるべきかというのも難しいですね。まあ見積書を他の人と付け合せたわけではないのであまり細かく指摘してもキリがありませんしね....あまりにも差がある場合を除いては、県民共済とはいえ良くも悪くも建設業のドンブリ勘定的な部分もあるのかなと割り切りました。

なお見積書については、該当する見積項目だけが記載されてしまうため、見積書だけを見ていると項目が抜けているかどうかがわかりません。可能であれば金額ブランクのものも含めて標準の項目がすべて記載された見積書を設計士さんから頂いて、チェックを行うことをお勧めします。こんなことをいいながら契約後に1つ見積もり漏れを見つけてしまいました、トホホ。

ともかく今月末に現場監督さんが確定し、7月の下旬に着工予定となりました。順調に進めば11月末に引き渡し予定です。
まだまだ道のりは半ばですが、新年を新しい家で迎えられるように、もうひとがんばりしたいと思います。

現在設計中の方もいろいろと苦労されると思いますが、お互い良い家を建てられるようにがんばりましょう。
posted by direwolf at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
図面に記してあっても、全然監督さんに伝わってないこともあるようですから、現場でもマメにチェックは必要なようですね。

でもdirewolfさんが注意事項とこのようにまとめてくださるので、後に続く者としては大変ありがたいです。

年内、出来上がり楽しみですね♪
これから暑い夏がやってきますが、ばてないように気をつけましょう♪
Posted by fcfdfirstrie at 2007年06月26日 17:35
はじめまして。ブログに書き込みどうもありがとうございます。

ほぼうちと同時進行のようですね。
私のブログのほうにリンクはらせて頂いてもよろしいでしょうか。
Posted by ボンヌママン at 2007年06月27日 20:13
ボンヌママンさん、こんばんは

すみません、お願いする前にリンク張らせて頂きました。
こちらこそよろしければぜひリンクお願いします。
Posted by dierwolf at 2007年06月27日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45857286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。