2007年11月18日

外構とカーテン

この日はどうしても日程が組めず、1日2件の打ち合わせとなってしまいました。外構屋さんとカーテン屋さんと打ち合わせです。

日程的に都合が付かずかなり忙しい日になりそうだったので、息子は一時保育に預けていくことにしました。

まずは午後から現場で外構屋さんと打ち合わせです。
といってもほとんどといっていいほどプランも考えてなくて、一からの打ち合わせでした。

家の周りをぐるっと一回りしながら、ここはこうしたらと相談しながら外構屋さんがメモを取っていきます。またいくつかの施工写真を見せてもらい「こんな感じ」とか話しながら要望を伝えていきいました。

一通り打ち合わせが終わり、後日この日の内容を元に、イメージと見積を作っていただけるそうです。

またTOSTEMとブロックと表札のカタログをお借りし、希望するものがあれば伝えてくださいとのことです。その他隣の家との境界フェンスをどうするかまだ話し合っていないので、そこは別で見積をしてもらうことにしました。

ちなみにこの日は建物はクリーニングを行っており、中には入れませんでした。外から見たところ、網戸が取り付けられていました。

外構屋さんとの打ち合わせの後はカーテン屋さんです。
こちらは先日現地で嫁さんが打ち合わせをしてカタログをお借りしていたのですが、小さなサンプルでは決めきれないのでショールームへ行くことにしました。

午前中に一気に候補を決めて、ショールームで確認をして決定することにしました。短時間で決めるには選択肢が多すぎたため、価格帯の他、次のような機能に絞って候補を決めていきました。

リビング → 防汚、防炎、ウォッシャブル
寝室 → 防炎、ウォッシャブル、遮光
その他の居室 → 防炎、ウォッシャブル
レース → 防炎、ウォッシャブル、ミラー

またカーテンのタイプは掃き出し窓や腰窓は県民共済でカーテンレールもつけてくれていたので普通のカーテンにし、縦すべり窓や上げ下げ窓は基本はダブルシェードとしました。

ショールームで選んでいったいくつかの候補を見比べて、アドバイスをいただきながら決定していきました。

最終的には普通のカーテンが7箇所、ダブルシェードが5箇所、ブラインド1箇所、ロールスクリーン1箇所となりましたが、大体当初の予算どおりで収まりました。しかしすごい割引率ですね。普通に購入に行ったらどれくらいの割引なんでしょうか。

また一つだけ寝室の腰高窓に取り付けるカーテンなのですが、引越し後に採寸をやり直しです。

というのも、ちょうど窓枠とベッドのヘッドボードが同じような高さになってしまうため、光が漏れないように標準的に作るとベッドに掛かってしまうことが分かりました。なのでベッド納品後に現物を確認しながら長さを決めることになりました。

窓は床から90cmの位置に高さ110cmのが付いています。設計のときはそこまで気が廻りませんでしたが、窓の高さを90cmにして取り付け位置を110cmにすればよかったかもしれませんね。
posted by direwolf at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。