2007年11月18日

外構とカーテン

この日はどうしても日程が組めず、1日2件の打ち合わせとなってしまいました。外構屋さんとカーテン屋さんと打ち合わせです。

日程的に都合が付かずかなり忙しい日になりそうだったので、息子は一時保育に預けていくことにしました。

まずは午後から現場で外構屋さんと打ち合わせです。
といってもほとんどといっていいほどプランも考えてなくて、一からの打ち合わせでした。

家の周りをぐるっと一回りしながら、ここはこうしたらと相談しながら外構屋さんがメモを取っていきます。またいくつかの施工写真を見せてもらい「こんな感じ」とか話しながら要望を伝えていきいました。

一通り打ち合わせが終わり、後日この日の内容を元に、イメージと見積を作っていただけるそうです。

またTOSTEMとブロックと表札のカタログをお借りし、希望するものがあれば伝えてくださいとのことです。その他隣の家との境界フェンスをどうするかまだ話し合っていないので、そこは別で見積をしてもらうことにしました。

ちなみにこの日は建物はクリーニングを行っており、中には入れませんでした。外から見たところ、網戸が取り付けられていました。

外構屋さんとの打ち合わせの後はカーテン屋さんです。
こちらは先日現地で嫁さんが打ち合わせをしてカタログをお借りしていたのですが、小さなサンプルでは決めきれないのでショールームへ行くことにしました。

午前中に一気に候補を決めて、ショールームで確認をして決定することにしました。短時間で決めるには選択肢が多すぎたため、価格帯の他、次のような機能に絞って候補を決めていきました。

リビング → 防汚、防炎、ウォッシャブル
寝室 → 防炎、ウォッシャブル、遮光
その他の居室 → 防炎、ウォッシャブル
レース → 防炎、ウォッシャブル、ミラー

またカーテンのタイプは掃き出し窓や腰窓は県民共済でカーテンレールもつけてくれていたので普通のカーテンにし、縦すべり窓や上げ下げ窓は基本はダブルシェードとしました。

ショールームで選んでいったいくつかの候補を見比べて、アドバイスをいただきながら決定していきました。

最終的には普通のカーテンが7箇所、ダブルシェードが5箇所、ブラインド1箇所、ロールスクリーン1箇所となりましたが、大体当初の予算どおりで収まりました。しかしすごい割引率ですね。普通に購入に行ったらどれくらいの割引なんでしょうか。

また一つだけ寝室の腰高窓に取り付けるカーテンなのですが、引越し後に採寸をやり直しです。

というのも、ちょうど窓枠とベッドのヘッドボードが同じような高さになってしまうため、光が漏れないように標準的に作るとベッドに掛かってしまうことが分かりました。なのでベッド納品後に現物を確認しながら長さを決めることになりました。

窓は床から90cmの位置に高さ110cmのが付いています。設計のときはそこまで気が廻りませんでしたが、窓の高さを90cmにして取り付け位置を110cmにすればよかったかもしれませんね。
posted by direwolf at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

宿題の回答

昨日もらった宿題の件で、朝監督さんに連絡しました。

ケーブルの件は手配済みのことを伝え、トイレはタイルでも大丈夫とのことでしたので、嫁さんがINAXへタイルを選びに行くことにしてくれました。また吊戸棚についても位置を下げても大丈夫そうとのことで、むしろ出し入れがしやすくなって良かったかもしれません。

またトイレに使用するキッチンパネルですが、白とピンクのどちらにするかを聞かれたのですが、当初からピンクの予定だったことを伝えたところ、「本当に白じゃなくていいんですね?」と何度も何度も念を押されたようです。ピンクでいいって言ってしまったらしいですが、白のほうがよかったのかな?

さてトイレ用のタイルですが、監督さんも発注の関係が有るので早く決めて欲しかったようです。ですのでその日のうちに嫁さんがINAXへ行き、さっさと選んできてくれました。

P1030191.jpg
半磁器タイル100・150 ブライト釉

上の写真はエコカラットのたけひごライトベージュに候補のタイルを3色並べています。今回はキッチンパネルもピンクなので、若干ピンクっぽい96番のカラーにしました。

ショールームではいろいろと柄付きのものなどお勧めしてくれたらしいですが、予算を抑えるためにもシンプルな無地のタイプのものを選んだようです。

またINAXではお土産にタイルの鍋敷きを頂きました。
posted by direwolf at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた宿題

先日に引き続き監督さんから連絡が入りました。
これまで殆ど連絡が無かったのですが、最近頻繁に連絡があります。

手すりの色の確認かなと思ったら、別の宿題を出されてしまいました。

・隠蔽スピーカー配線用のケーブル

天井に取り付けるスピーカー用の配線ケーブルをこちらで用意して欲しいとのことでした。てっきり県民共済側で適当なケーブルを用意してくれるものだと思っていましたが、なんでもオーディオにこだわる施主もいるので近頃は施主に手配をお願いしているとのことです。

別にわが家はこだわってなかったのでなんでも良かったんですけどね。しかも来週早々に準備できれば電気屋さんが配線してくれるというんですが、だったらもっと早く言って下さいと。直前に言われてもこちらも少々困ってしまいます。

仕方が無いので仕事中にNETで適当に検索して手ごろなものを見つけたので注文してしまいました。ケーブルのことなんて良く分からないので適当です。とりあえずホームシアターに最適とか書いてあったのでいいのかな。

ちなみに買ったのはこれ。

MONSTER CABLE スピーカーケーブル 30mMONSTER CABLE/モンスターケーブル THX16SP-30M(スピー...

なんだか高いものはとてつもなく高いですね。

とりあえず長さ的に8m程度が2本必要とのことでしたので、30mの物を購入しました。

・1階トイレの壁について

1階のトイレの壁は、下半分をキッチンパネル、上半分をエコカラットにする予定でした。ところが監督さんより、手洗いカウンターの部分もエコカラットだと水ハネで汚れますがどうしますか?と。
一応代替案でパネルの部分を広げてはどうか?というアイデアも頂いたのですが、話を聞くとちょっと微妙です。

というのもキッチンパネルの幅は90cmなので1枚だと、手洗いカウンターの高さは85cmなのでカウンターより5cmだけ上まで来ます。ただそのままだとエコカラットに水が掛かってしまうので、30cm幅にカットしたパネルを上につなげてはどうか?というものでした。

なんだかしっくりこなかったのでいろいろ考えたのですが、水の掛かりそうな手洗い部分のみ、エコカラットではなくタイルにするのはどうかと思いつきました。

明日そういった対応は可能かを監督さんに確認し、可能であれば急遽嫁さんにINAXでタイルを選んできてもらおうと思います。1階トイレは嫁さんのこだわりの場所なので、コーディネイトはお任せです。

・1階トイレの吊戸棚

またまたトイレに問題です。今度は吊戸棚の扉が照明に干渉しそうだということで、設置位置を15cm下げても良いかとの確認です。
これまた即答しかねる宿題なので、気になる部分のサイズを測ってから決めようと思います。最悪の場合2階のトイレ同様とりやめかなぁ。

なんだかラストスパートになってからコマゴマとした問題が出てきましたね。

posted by direwolf at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

トイレの手すり他

朝、監督さんから家に電話がありました。

1階のトイレにつける予定だった手すりのカラーが廃盤になってしまったらしく選びなおして欲しいとのことでした。

どんな色を選んでいたっけと契約書を確認してみると、普通の木目のタイプでした。INAXのHPを見ると以前のカラーは無くなって、新たにダークウッドとシルクウッドとホワイトに変わっていました。


INAX 木手すり NKF-1S(600)

もともとトイレについては手洗いカウンターと手すりと壁付けの県民収納とで全て色がばらばらだな〜とあまり気にもしていなかったのですが、シルクウッドにすれば手洗いカウンターと同じ色に出来ます。

ただ手すり自体は県民収納の横なので、こっちと合わせたいところですが、ダークウッドだとちょっと色が違います。
まあシルクウッドにすれば、もともと3色になるところが2色になるので少しは好転したと考えることにしました。

連絡を頂いたついでに寝室の調光スイッチを確認したところ、図面に記載が無かったのと照明の注文一覧にも記載が無かったため、普通のスイッチに戻したのだと思っていたようです。
とりあえず調光スイッチに変更していただくようお願いしました。

後待望の引渡しですが、土日にしたいとお願いしたところ11月の3連休になりそうです。
posted by direwolf at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

引渡し日決定?

本日監督さんが照明のカタログとリストを取りに来ました。
急いで決めたんですが、結構ゆっくりで大丈夫でしたね。

またうれしいお知らせがあり、引渡し日が11/20ごろになりそうとのことです。
うまくすると最短で11月の3連休には引越しできますよ、と言ってたそうです。

これから引越し業者の見積もりも取らなければならないので、いろいろ忙しくなりそうです。

夜には久しぶりに設計さんから電話がありました。
なんだろうと思ったら洗面台の発注をかけるらしく、契約直前に変更した洗面台のサイドキャビネットの色の確認でした。
わざわざ聞くまでも無く、本体の色と別にする人ってあまりいないような気もするんですが....
posted by direwolf at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

2度目のオーデリック

昨日監督さんに照明のアドバイスをいただき、数点の質問・確認事項と、現物を確認するためにオーデリックへ行きました。

以前に一度オーデリックにてプランを作成してもらっていたものと、県民の監督さんと相談の上決定した配線図では若干変更があったため取り付ける照明の種類が若干変わりました。
また新製品が出ていたり、予算の関係から一部器具を変更しているため、それらを含めて確認して本日決めきるつもりです。

前回はちょうどどこかのマンションの照明検討会とかぶっていて大混雑でしたが、本日は比較的空いていました。

急だったため事前に予約は出来なかったのですが、2,3点だけ質問したいことを受付で伝えると、すぐに担当の方が付いてくれました。

確認した内容は以下の通り
・ライティングレールにペンダントを取り付ける際に必要なパーツ
・センサー付きダウンライトと連動させるもう片方のコーディネイト
・キッチンの主照明の明るさ40W or 80W
・ダウンライトのSGIタイプと高気密SGIタイプの違い

10分ぐらいで質問も終わったので、今回新居に取り付け予定の器具を一通り確認しました。

また新居に空けられていたダウンライトの穴の大きさがちょっと気にはなりますが、現物を確認出来たおかげで本日照明もすべて決定することが出来ました。

若干の器具見直しを行い、今使っている照明のうち利用できるものは利用することにしたので照明予算オーバーも少し抑えることが出来ました。
本当は全て新調したいところでしたが....

明日監督さんに照明が決定したことを連絡する予定です。
posted by direwolf at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

配線とスイッチ

監督さんに配線図を頂き、現場にて大まかな取り付け位置を確認しました。
また電気工事屋さんと色々相談が出来たので、それらをまとめます。

・センサスイッチ

我が家ではいくつかセンサスイッチを希望しています。

1)玄関ポーチ
玄関ポーチの軒下に、壁付けのポーチ等とは別配線でダウンライトを2個設置する予定です。こちらについては人感センサにするつもりでしたが、監督さんから頂いた配線図ではセンサ付ダウンライトが2個となっていました。センサ付ダウンライト2個だとお値段が張るので、センサ付×1とセンサ無し×1で連動させることにしました。左右の見た目が変わるのでダウン×2と別センサも考えたのですが、そうすると配線自体が変わってしまうとのことでした。

2)玄関ホール
小型のシャンデリアと天井センサを考えていましたが、玄関ドア、リビング、廊下の3方向からうまく反応させるのは照明の影になる部分が出来るので難しそうとのことでした。検討した結果、うまいこと壁スイッチの位置がどの方向からも反応しそうでしたので、壁センサにて対応することとなりました。

3)2階階段上
階段を上がってすぐのところに照明スイッチをつける良い場所が無く、部屋から出て階段スイッチをつけるまで真っ暗で危ないとのことで、階段を上がりきった部分のダウンライトのみセンサにしました。夜階段に近づくと自動的に点きます。監督さんのアイデアです。

4)1,2階トイレ
こちらは嫁さんのこだわりで、かってにスイッチほんのり点灯モード付です。
よくよく考えたら、1階はいいとして2階は階段上が先に点灯してしまうので、トイレがほんのりでもあまり意味はないかも?

5)勝手口、駐車スペース
良くあるセンサ付器具を選ぶ予定です。防犯用ですね。

・ほたるスイッチ

深く考えることなく、ほたるスイッチだと暗くても手探りではなくスイッチ位置がわかっていいよなぁと思っていました。県民共済に展示してあるスイッチが通常のもののみだったため、1個当たり数百円程度であればほたるスイッチにしようかなと思っていました。

現場で電気工事屋さんに相談したところ、県民標準ではスイッチを点けた際に、点灯が確認できない部分は基本的にほたるスイッチになるとのことです。(換気扇はパイロットスイッチ)
そのためセンサのON/OFFや、屋外、部屋の外から点けるスイッチ(小屋裏等)は何もしなくてもほたるスイッチになります。
そうするとそのほかの場所で暗闇で手探りで点けるスイッチってあるのだろうかと考えたのですが、主要なところはセンサにしてしまったため、あまり困ることはなさそうでした。

必要なところは既に県民共済側でほたるスイッチが標準となっているとは、細かいところまで考えてくれていたのですね。

・コンセント

付けられるだけ付けてやるぜーと意気込んでみたものの、マルチメディアコンセントを設置すると3口コンセントが追加されるため、それほど追加しなくても良さそうでした。
監督さんが図面にコンセント位置を記載してくれていましたが、それでほぼ十分そうでした。後は家具のレイアウトを考えていくつか位置を変更しました。

・シャッターのスイッチ

何箇所かのシャッターを一箇所でまとめて開け閉めしたかったのですが、シャッターから出ている配線の長さが限られているらしく、基本的には各シャッターのすぐそばにスイッチが付くとのことでした。

・エクステリア用配線とスイッチ

まだ外構のプランがぜんぜん決まっていないわけですが、門柱等に照明をつけるかもしれません。その為のスイッチと予備配線を事前にしておいていただくことにしました。
またインターホンも玄関横につけるのですが、外構によっては門柱につけるかもしれないということで、インターホン用の予備配線も1本用意していただくことにしました。
posted by direwolf at 14:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。