2007年10月21日

NTTに問い合わせ

何とか年内に引っ越せればと思っていたのですが、11月中にももしかしたら引越しが可能であると監督さんよりお話を頂いたため、ぼちぼち必要な手続き等を考え始めました。

監督さんから水道や電気は特に何もしなくても新居では使えるようにしておくとのことで、現在の住まいの停止手続きのみで良いとのことです。

とすると必要なものの筆頭は電話関係ですね。
現在アナログ電話とBフレッツを利用していますが、新居ではアナログ電話を休止してひかり電話にする予定です。

また新居は区画整理地内の土地のため、電気、電話までは引かれていそうですが、光ファイバーは微妙です。

そのため116に早めに電話して相談することにしました。

担当の方はとても親切に対応してくださり、引越しの日にちは未定ながらも、大体その日には利用できるように、既に光が引かれているかを含めて確認をし、まだ引かれていないようであれば事前に工事等の手配をしていただけるとのことでした。

新居の場所の説明をするにあたって、区画整理地の場合、元の住所が飛び地だったり、ゼンリンの住宅地図と道路位置が変わっていたりと電話での説明のみではなかなかうまく伝えられ無かったのですが、FAXで何とか伝えることが出来ました。

これで引越し日が決定後、Bフレッツの担当の方よりご連絡をいただき、移転手続きを行うことになりました。
【関連する記事】
posted by direwolf at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上棟7週目part2

・47日目

1週間で壁紙を決めなければいけないということで、前日の夜に夫婦で気合を入れて壁紙を検討しました。
壁紙を記入する用紙では、各部屋の壁、天井それぞれ1種類で、また壁が続いている部屋は原則同じ壁紙となっていましたが、一部貼り分けをしたい部分があったので、出来るかどうかを監督さんに確認することにしました。

あわせて照明についても、以前にオーデリックで作成してもらったプランを元にあらかた決めました。
ただカタログも新しくなっていたため、最終決定の前にもう一度ショールームで現物を見たいと思います。

壁紙と照明が大体決定したため、監督さんに確認していただけるかどうか朝一で連絡を入れたところ、この日の午後一で時間をとっていただけることになりました。

現場で監督さんと待ち合わせて、相談です。

壁紙については、貼り分けも可能でしたが、我が家の場合、貼り分けをしたい部分に、枠や建具などの見切りになる部分が無い場所も有ったため、どこで壁紙を切り替えるかについて相談しました。
ほぼ決めていた壁紙で問題が無かったため、壁紙はこれで決定として監督さんにお願いをしました。

次に照明についても選んだ器具を一通り見てもらいアドバイスを頂いたので、持ち帰り再検討して明日オーデリックで確認してくる予定です。
今時点で照明予算から定価で5万くらいオーバーしてしまっています。
その他センサースイッチなども多用しているので、その分も加えるとさらに定価で5万くらい追加です。
う〜ん、こういう細かいものの積み重ねが最終的にいくらになるのか....

とはいえ県民共済にしていたおかげで若干は予算に対してバッファを持つことが出来ていたので致命的な状態にはなっていませんが、当初検討していたハウスメーカー等で予算ギリギリだったら、泣く泣くグレードダウンしなければならなかったことでしょう。

その他、いくつかの変更点等のの確認をしました。

・PCコーナーの棚
 2階のトイレの吊戸棚を無くした場所に取り付け
・リビングの羽目板
 監督さんと大工さんの勘違い、そのままで特に追加化料金無し
・1階トイレの壁
 一面だけクロスがあったが、全面パネルとエコカラットに統一
・天吊スピーカー用ブラケット
 電気工事屋さんに取り付けしていただく
・エコキュート補助金
 必要事項は記入済みのため、以後の処理を監督さんに依頼
・カーテンレール
 引き違い窓の部分のみ標準で付けることが出来る
・エアコン
 標準2台の設置場所の確認
 追加3台にするか、追加2台と1台移設にするかを決定して連絡する
 今使っているエアコンも5,6年目なのでどちらにするのかが非常に迷うところです。
 これも予算が........

そして今後の流れとしては、外構業者より連絡が来るそうです。
プランについては外構業者と行い、契約する場合は契約、支払いは県民共済経由だそうです。
カーテン業者についても県民共済からの紹介で連絡をいただけるとのことですが、こちらは業者と直接やりとりをするとのことでした。

またこのままのペースで行けば、11月中旬には建物も完成し、なんとか11月中には引渡しが出来る見込みとのことです。そろそろ登記関係の連絡が来るだろうということです。
ローン控除のタイミングもあるので、連絡が来次第早めに書類などをそろえておいたほうが良いとのことでした。

ちなみにこの日の現場は電気工事屋さんが石膏ボードにコンセントやスイッチ用の穴を開けたり、トイレ等の換気扇の穴あけを行っていました。
大工さんはもうほとんどお掃除だけの状態でした。

玄関の手すりが付いていました。

階段の手すりが付いていました。
P1020797.jpg

ダイケンのスリッパ収納が付いていました。
想像していたものよりもかなり大きいです。
P1020798.jpg

廻り淵も終わっていました。
洗面台の上部分にも付いています。
P1020799.jpg

階段の出っ張り部分にも付いていました。
P1020800.jpg

バルコニー下にもホスクリーンが付いていました。
P1020802.jpg

2階洗面台横のキッチンパネルです。
なんでも最近付くようになったとのことです。
カラーはグレーっぽい物のみとのことです。
P1020801.jpg

自宅に帰ると、ちょうど登記関係の案内が届いていました。

・48日目

オーデリックから戻り、一通り工事が終わったはずの現場を見に行きました。
ちょうど大工さんが最後の片づけをしていたようで、軽く挨拶をした後帰られました。

鍵は頂いていたので中に入り、いろいろとみて廻りました。
始まってみるとあっという間だったなぁというのが正直な気持ちです。

昨日からの変化は、コンセント用の穴が空けられていたことと、天井にダウンライトと24時間換気用の穴が空けられていたことくらいです。

また小屋裏の壁も終わっていました。
小さな窓一個でしたが、かなり明るいです。
ちなみにここも防犯ガラスになっていました。
P1020823.jpg
P1020825.jpg

ところでダウンライト用の穴なのですが、パッと見ると150φ用の気がしないでもないです。
2階にちょうど脚立があったので、1箇所だけサイズを測ったのですが、きっかり直径150mmでした。

監督さんから頂いた照明器具の記入用紙にもダウンライトは125φと有りましたし、選んだものも125φの物なので間違って穴が大きかったら結構面倒なことになりそうですね。
一部ボードを切り取って継ぎ接ぎも心配ですし、天井のボードを張替えるのも大変そうです。

また穴にあわせて150φのものにして欲しいと言われても、既に照明予算オーバーなので更に金額が上がるのもいかがなものかと。

今日は連絡が付かないので、明日監督さんに確認の連絡を入れてみるつもりです。
取り越し苦労だと良いのですが.....
posted by direwolf at 18:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

上棟後7週目

・43日目

ようやく監督さんから連絡があり、やっと翌日カタログを持ってきてくれるとのことでした。
遅かったのは、あまり長い間眺めてもなかなか決まらないから、ということらしいです。
基本1週間で決めてくださいとのことでした。
なんだかなぁ....

また新居につけようと思い注文していたコートフックが届きました。
ナチュラルカラーの5連です。
壁紙を貼り終ったころに大工さんに取り付けしてもらう予定です。


同じく新居用にと買った置時計も届きました。
パッと目に付き勢いで買ってしまったのですが、TVボードかどこかにおく予定です。



・44日目

監督さんが照明と壁紙とふすまのカタログを持ってきてくれました。
また外壁の塗装見本も確認のためか持ってきてくれていました。
壁紙については1週間で決めてくださいとのことでしたが、照明はその後でも良いとのことです。
和室のふすまは壁紙にすることも可能だそうで、その場合は枠が白木になるそうです。
また外壁の塗装が来週の中ごろから始まるみたいです。

監督さんからカタログをいただいた後、嫁さんが現場へ写真を撮りに行ってくれてました。

階段の手すりが付いていました。
P1020672.jpg
P1020673.jpg
P1020674.jpg

階段下収納です。
P1020660.jpg

階段下収納のところが若干天井が下がっています。
P1020681.jpg

・46日目

廻り縁の取り付けなどが残っているようでしたが、壁紙を貼る前の大工さんの作業も大部分終わっているようで、棟梁は道具の片付けや掃除をしてくれていました。
まだドアとかが付いていないということもあると思いますが、だいぶ資材も減ってきて片付いたため、意外と広く感じました。


玄関を入って正面です。松下のオープン収納ボックスをニッチとして付けています。
またこの壁の面はエコカラットが貼られる予定です。
P1020770.jpg

階段部分の天井です。
ここにもこんな形で廻り淵が付くんですね。
P1020771.jpg

リビングです。
前にも書きましたが、本当はヒノキの羽目板は右側の面だけの予定でしたが、監督さんか大工さんの勘違いで2面にはられてしまいました。
これはこれでよかったのですが、リビングにほとんど壁紙を貼るところがなくなってしまいました。
P1020774.jpg

洗面所とトイレの天井です。
吸音版ってどんなものかと思っていましたがこんなやつでした。
P1020778.jpg

また写真を撮り忘れましたが、2階の洗面所横の壁が水はね防止用にキッチンパネルのような材質のものになっていました。
特にお願いしていたわけでもないのですが、これも隠れた標準仕様なのでしょうか?
posted by direwolf at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

上棟後6週目part2

・42日目

この日は嫁さんが所用で近くまで行ったため現場を見てきてくれました。

ちょうど検査のために、監督さんの上司の方が来ていたとのことです。
いろいろとお聞きしたいこともあったので電話を取り付いてもらおうと思ったところ、すでに検査が完了しほかの現場へ向かってしまった後でした。

本日の主な状況は以下のとおりでした。

昨日作業をしていたALCのシーリングはすでに完了していました。

石膏ボードの取り付けもほぼ完了していました。

書斎の作り付けの机と棚も完了していました。

パッと見る限りは大部分の大工作業が終わった感じで、大工さんはこまごまと掃除や片づけをしていたとのことです。
大工仕事で残っていると思われるものは、埋め込み収納やニッチの取り付けの他、室内建具の取り付け、手すり等細々したものの取り付け等でしょうか?後大きなものはクロス貼りの後にCUBIOSの設置ですかね。

棟梁に予定を聞いたところ、今週末でひとまず大工工事は区切りになるとのことでした。
その後クロスを貼ったりした後に、残りの造作等々の作業を行う予定だそうです。

え〜〜〜と、ということは早ければ来週あたりからクロス貼りが始まるものと思われるわけですが、我が家は未だにクロスのカタログも照明のカタログも頂けていません。
工程的に大丈夫なんでしょうか?
気になったため県民事務所に電話したのですが、あいにく担当の監督さんは本日休暇でした。
とりあえず直前で2,3日以内に決めてくださいとかいうのは勘弁してほしいです。

後はあまり無いはずなんですが、現段階での追加工事分がどのくらいになっているのかも気になるところですね。
posted by direwolf at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

上棟後6週目

・39,40日目

2日分まとめてです。

リビングのヒノキ羽目板が終わっていました。
リビングは当初写真の1面だけの予定でしたが、左側の面もヒノキがはられていました。
せっかくきれいにはってあるのでわざわざ剥がしてやり直すのもどうかと思いましたし、これはこれでありかなと。
壁にピンで写真とかもはれそうですしね。
傷防止のためキッチンカウンターの腰壁としてもヒノキ羽目板を使用しているため、ワンポイントサービスの範囲だったら良いのですが...
P1020606.jpg

和室の神棚も付いていました。
てっきり壁紙を貼って、最後に取り付けかと思っていたのですが、この段階で取り付けるのですね。
また和室の天井の隅にも枠が付いていましたが、ほかの部屋と仕上げが違うのでしょうか?
P1020609.jpg

床の間の天井です。
面白い柄ですね。
P1020630.jpg
養生されていて見えませんでしたが、床框も付いていました。

やっと階段が取り付けられました。
幅を標準より15cmほど広げてあります。
子供と並んで十分に上れました。
P1020610.jpg
また下の4段ほどがリビングに開放されているので、1段目だけ角が丸めてありました。
後はここに手すりが付きます。
P1020611.jpg

小屋裏収納の作業中でした。
P1020612.jpg
4坪程度取ったので結構広く感じます。
夏場の温度さえ問題なければ隠れ家に出来そうですね。
また小さな窓を一つ付けたのですが、このおかげで結構明るいです。
P1020628.jpg

残っていたシャッターも無事に付き、ようやく外壁の取り付けも終わったようです。
後はコーキングと塗装ですか。
またバルコニーの内側もALCでした。
P1020613.jpg

CUBIOSが納品されていました。
写真以外にも資材が有り、想像していたよりも箱の数がかなり多かったです。
P1020627.jpg

書斎の書棚が取り付けられていました。
P1020614.jpg

また建具の枠がほぼ出来上がっていました。

・41日目

日曜なので大工さんはお休みなのですが、シーリング屋さんが作業をしていました。
シャッターの遅れで影響が出ているのかもしれません。

ALCの隙間に発泡スチロールの紐?見たいな物を埋め込んで、その上からシーリング剤を塗っています。
継ぎ目もかなりあるのでかなり大変そうですね。
ちなみにシーリング材はポリウレタン系のものでした。
P1020641.jpg

また今日は足場に上って外回りをいろいろと写真に撮りたかったのですが、作業の邪魔になると思いあきらめました。
posted by direwolf at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

上棟後5週目part2

・35日目

買い物で近くまで来たので現場に寄ってみました。
祝日でしたが車が2台止まっており、家の中を見ると棟梁と外壁屋さんが休憩中です。
軽く世間話をしてまた見学させてもらうことにしました。

昨日は日曜日でお休みのはずなので、あまり変わったところは無いのだろうと思っていたのですが、チョコチョコと進んでいます。

リビングのヒノキの羽目板です。
下半分がはられ始めていました。
P1020601.jpg

収納も一昨日より進んでいます。
枕棚が付いたり、コーナーの仕上げがされていました。
そのほかパントリーや和室の収納などもだいぶ出来てきていました。
P1020604.jpg

床の間の落掛けが出来てきました。
P1020599.jpg

また外壁の作業はちょっと遅れるかもしれないです。
天気もそうですが、シャッター屋さんが1箇所サイズを間違えてしまったらしく、シャッターの取り付け待ちとのことでした。
posted by direwolf at 16:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

上棟後5週目

・29日目

ところどころ天井が張られていました。

トイレの壁の下地が出来ていました。

ALCが搬入されていました。
P1020541.jpg

外壁工事担当の方がいらっしゃって軽くお話が出来ました。
この日はALCを張る下準備として、壁に既に貼ってあるのシートの確認と下地の補強などを行っているとのことでした。またこちらの方の作業分担としてはALCを取り付けて、ねじ穴?釘穴?をすべて埋めるところまでが担当だそうです。

次にコーキングを行う担当が作業を行い、その後に塗装工事の担当が塗装を行うとのことです。外壁ひとつとってもかなり分業化されているんですね。

またこの日はまだシャッターの取り付けと水切りの取り付けが完了しておらず、ALCの取り付け作業にかかれないとのことでした。ちなみに壁の取り付けには4,5日はかかるそうです。

・33日目

だいぶALCの取り付けが進んでいました。
後は正面の上半分とバルコニー周りが終われば完了っぽいです。
ねじ穴もきれいに埋められていました。あれだけの数の穴を埋めるのは大変そうですね。

シャッターが取り付けられていました。

下駄箱が設置されていました。
P1020554.jpg

ほぼすべての部屋の天井が張られていました。

大部分の壁に石膏ボードが張られていました。

各部屋の収納も進んでいました。
P1020559.jpg

キッチンカウンターが設置されていました。
45cm幅だと広すぎるかなと心配していましたが、ちょうどよい感じです。軽めの食事はここでできそうです。
P1020550.jpg

リビングのPCコーナーです。
P1020551.jpg

床柱が取り付けられていました。
右側が押入れで左側が床の間になります。
P1020552.jpg

書棚も開梱されていました。これから取り付けでしょうか。
P1020560.jpg

バルコニーです。
一部幅を広げています。奥が標準の幅です。
軒も少し伸ばしていたのですが意外と日が当たっていました。
P1020575.jpg

今週は目に見える変化がすごく多かったので、見ていてとても楽しいです。外壁や室内の壁がはられてくるとだいぶ雰囲気が変わってきますね。

また壁や窓がほぼできてきたので、それぞれの部屋の日当たりがだんだん分かってきました。隣の家が建ってしまったのもありますが、和室とキッチンが思っていたよりも暗そうです。

それはそうと照明とか壁紙のカタログはそろそろいただけるのでしょうか?検討する時間があまり取れないといやだなぁ。
posted by direwolf at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

上棟後4週目

上棟後4週目までの現場の変化です。
外から見た感じでは、ネットもかかっているためほとんど変化がわかりません。
内部は粛々と進んでいるようです。

トイレの大型収納が設置されていました。
P1020500.jpg

軒下の天井が張られていました。

壁?天井?のボードが大量に搬入されてました。

掘りごたつが設置されていました。
P1020520.jpg

床暖房が設置され、フローリングが敷かれていました。

洗面所とトイレの床も敷かれていました。

小屋裏収納の階段が設置されていました。
P1020525.jpg

ウォークインクローゼットの引き戸が設置されていました。
P1020524.jpg

クローゼットの折戸用のレールが取り付けられていました。

エアコン設置予定場所に下地が張られていました。

分電盤予定位置に大量のコードが集まっていました。

他の方のblogを見ると、このころには照明選びをはじめていることも多そうですが、我が家は照明器具や壁紙を選ぶようにまだ特に指示がありません。早くカタログをいただきたいなぁ。
posted by direwolf at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

中間金支払

上棟後約1ヶ月となり、予定通り中間金支払いです。
この日は都合が付かなかったため、嫁さんのみでの手続きとなりました。

前回JAでの契約時に、ほぼほぼ必要書類の記入は済んでいましたので、当日は確定した日付等の記入のみだったとのことです。

後は指定金額を一旦JAの口座に振り込まれ、その後すぐさま県民共済へ振込みとなりました。

これで残すは完成後の支払いのみです。
また最近冷静に予算の再計算をしたところ、調子に乗りすぎたのか微妙に予算オーバーの気配が.....。追加工事等の精算金額がどうなるかがちょっと気になるところです。
posted by direwolf at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン・税・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

配線とスイッチ

監督さんに配線図を頂き、現場にて大まかな取り付け位置を確認しました。
また電気工事屋さんと色々相談が出来たので、それらをまとめます。

・センサスイッチ

我が家ではいくつかセンサスイッチを希望しています。

1)玄関ポーチ
玄関ポーチの軒下に、壁付けのポーチ等とは別配線でダウンライトを2個設置する予定です。こちらについては人感センサにするつもりでしたが、監督さんから頂いた配線図ではセンサ付ダウンライトが2個となっていました。センサ付ダウンライト2個だとお値段が張るので、センサ付×1とセンサ無し×1で連動させることにしました。左右の見た目が変わるのでダウン×2と別センサも考えたのですが、そうすると配線自体が変わってしまうとのことでした。

2)玄関ホール
小型のシャンデリアと天井センサを考えていましたが、玄関ドア、リビング、廊下の3方向からうまく反応させるのは照明の影になる部分が出来るので難しそうとのことでした。検討した結果、うまいこと壁スイッチの位置がどの方向からも反応しそうでしたので、壁センサにて対応することとなりました。

3)2階階段上
階段を上がってすぐのところに照明スイッチをつける良い場所が無く、部屋から出て階段スイッチをつけるまで真っ暗で危ないとのことで、階段を上がりきった部分のダウンライトのみセンサにしました。夜階段に近づくと自動的に点きます。監督さんのアイデアです。

4)1,2階トイレ
こちらは嫁さんのこだわりで、かってにスイッチほんのり点灯モード付です。
よくよく考えたら、1階はいいとして2階は階段上が先に点灯してしまうので、トイレがほんのりでもあまり意味はないかも?

5)勝手口、駐車スペース
良くあるセンサ付器具を選ぶ予定です。防犯用ですね。

・ほたるスイッチ

深く考えることなく、ほたるスイッチだと暗くても手探りではなくスイッチ位置がわかっていいよなぁと思っていました。県民共済に展示してあるスイッチが通常のもののみだったため、1個当たり数百円程度であればほたるスイッチにしようかなと思っていました。

現場で電気工事屋さんに相談したところ、県民標準ではスイッチを点けた際に、点灯が確認できない部分は基本的にほたるスイッチになるとのことです。(換気扇はパイロットスイッチ)
そのためセンサのON/OFFや、屋外、部屋の外から点けるスイッチ(小屋裏等)は何もしなくてもほたるスイッチになります。
そうするとそのほかの場所で暗闇で手探りで点けるスイッチってあるのだろうかと考えたのですが、主要なところはセンサにしてしまったため、あまり困ることはなさそうでした。

必要なところは既に県民共済側でほたるスイッチが標準となっているとは、細かいところまで考えてくれていたのですね。

・コンセント

付けられるだけ付けてやるぜーと意気込んでみたものの、マルチメディアコンセントを設置すると3口コンセントが追加されるため、それほど追加しなくても良さそうでした。
監督さんが図面にコンセント位置を記載してくれていましたが、それでほぼ十分そうでした。後は家具のレイアウトを考えていくつか位置を変更しました。

・シャッターのスイッチ

何箇所かのシャッターを一箇所でまとめて開け閉めしたかったのですが、シャッターから出ている配線の長さが限られているらしく、基本的には各シャッターのすぐそばにスイッチが付くとのことでした。

・エクステリア用配線とスイッチ

まだ外構のプランがぜんぜん決まっていないわけですが、門柱等に照明をつけるかもしれません。その為のスイッチと予備配線を事前にしておいていただくことにしました。
またインターホンも玄関横につけるのですが、外構によっては門柱につけるかもしれないということで、インターホン用の予備配線も1本用意していただくことにしました。
posted by direwolf at 14:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 着工後打合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。